※ブログ記事内のリンクに広告を含みます

暮らし

日傘がバッグに入らない時の対処法5選!バッグにつける・超コンパクトな日傘・日焼け止めで防ぐ?最新対策グッズも紹介

日傘がバッグに入らない時の対処法5選!バッグにつける・超コンパクトな日傘・日焼け止めで防ぐ?最新対策グッズも紹介

この記事では、日傘がバッグに入らない時の対処法と、2023年最新の日焼け対策グッズをお伝えします。

例えば小さいバッグは洋服のコーディネートを際立たせてくれて可愛らしいですが、日傘が入らないので夏は困ってしまいますよね…

結論、日傘がバッグに入らない時の具体的な対処法は下記の5つです。

  • 日傘をバッグにつける
  • 超コンパクトな日傘にする
  • 日傘をバッグに入れずに、長傘タイプを持ち歩く
  • 日傘を持たず、日焼け止めと帽子で紫外線を防ぐ
  • 日傘が入る大きさのバッグにする

それぞれの項目で、傘ホルダー超コンパクトな日傘など、活用できるおすすめのアイテムを紹介します。

早速、詳しく見ていきましょう。

残暑や次の夏に備える!

日傘がバッグに入らない時の対処法

日傘がバッグに入らない時の対処法5つをわかりやすくお伝えしていきます。

日傘をバッグにつける

日傘がバッグに入らない時の対処法の一つ目は、「日傘をバッグにつける」です。

日傘をバッグにつける際には、傘ホルダーを使用します。

傘ホルダーは、以下の2通りがあります。

  • 傘の持ち手を引っ掛けられるチェーン状のもの
  • 日傘をすっぽり入れたままバッグにぶら下げるもの

チェーン状のものは、持ち手が丸くなっていて引っ掛けられる日傘のみに限られますが、デザインがおしゃれで可愛らしいものも販売されています。

日傘をすっぽり入れてバッグの外にぶら下げるものは、存在感が強いです。

傘のブランドで有名なWpc.のアンブレラケースはデザインも可愛く、内側が撥水加工なので、雨が降った際も安心して傘をしまうことができますよ。

¥1,760 (2024/04/14 18:16時点 | 楽天市場調べ)

よりコンパクトな日傘にする

日傘がバッグに入らない時の対処法の2つ目は、「バッグに入るコンパクトな大きさの日傘にする」です。

最近は、非常に小さく薄く、かつ機能性にも優れた日傘が発売されています。

収納時のサイズが、スマホよりも小さいものもあるので、バッグに入れたい場合はコンパクトな日傘を検討してみるのもおすすめです。

日傘をバッグに入れずに長傘タイプを持ち歩く

日傘がバッグに入らない時の対処法の3つ目は、「日傘をバッグに入れずに、長傘タイプを持ち歩く」です。

日傘を手に持つことで、手が塞がってしまうのはやや難点ですが、柄がついている日傘は下記のようにメリットも多いです。

  • フリルなどの装飾がある
  • 傘の形や、ふちのデザインが可愛らしい
  • すっぽり日陰を作ってくれて日焼け対策ばっちりなサイズ感

サイズ感やデザイン性を重視する場合には、長傘タイプの日傘をバッグとは別に持ち歩くのも良いかもしれません。

▼長傘タイプの日傘をチェックしてみる

日焼け止めと帽子で防ぐ

日傘を持たずに「日焼け止めと帽子で日焼け対策をする」という方法もあります。

紫外線予防効果の高い日焼け止めを塗って、ツバが大きい帽子を被ることとは、もちろん日焼け対策に有効です。

ただ、日傘のように、体感温度を下げたりすることは難しいです。

もし、日傘を使わずに日焼け止めや衣類などで紫外線対策をするならば、アームカバーやネッククーラーも活用すると良さそうですね。

塗りやすくて便利なポンプ式日やけ止めのおすすめランキングはこちら▼

日焼け止め(ポンプ式)ランキング2023/焼けない・肌に優しい子供用など幅広く紹介

日傘が入る大きさのバッグにする

日傘がバッグに入らない時の5つ目の方法は、「日傘が入る大きさのバッグにする」です。

大きめのバッグであれば、日傘だけだなく、夏によく持ち歩くペットボトルやカーディガンなど、何かと入るので便利ですよね。

2023最新の日焼け対策グッズを紹介

日傘以外の、2023最新の日焼け対策グッズを2つ(飲む日焼け止め・帽子)紹介します。

飲む日焼け止め

ここ数年で利用者が増えているのが「飲む日焼け止め」です。

飲む日焼け止めは紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑えて、シミやサ日焼け、光老化などを防ぐ効果が期待できます。

ただし、飲む日焼け止めを飲むだけで焼けないわけではなく、塗る日焼け止めも併用する必要があるので、そこは注意です。

帽子

日焼け対策の帽子は年々進化しています。

最近では、首の後ろ部分まですっぽり覆ってくれる完全遮光の帽子も人気ですよ。

下のような口元まで隠せるタイプはアウトドアやなどで重宝しますね。

各ショップで人気の、紫外線対策できる帽子をチェック▼

まとめ

この記事では、日傘がバッグに入らない時の対処法と、2023最新の日焼け対策グッズを紹介しました。

本記事でお伝えした、日傘がバッグに入らない時の具体的な対処法は下記の5つです。

  • 日傘をバッグにつける
  • 超コンパクトな日傘にする
  • 日傘をバッグに入れずに、長傘タイプを持ち歩く
  • 日傘を持たず、日焼け止めと帽子で紫外線を防ぐ
  • 日傘が入る大きさのバッグにする

手持ちのバッグの大きさや、行き先なども考慮しながら、一番活用できそうな方法を選んでみてくださいね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

-暮らし
-,