※ブログ記事内のリンクに広告を含みます

お出かけ

金沢バス乗り放題のモデルコースを紹介(1泊2日レポ)!どこで買うかや、注意点、デジタルチケットについても解説

金沢バス乗り放題のモデルコースを紹介(1泊2日レポ)!どこで買うかや、注意点、デジタルチケットについても解説

この記事では、金沢バス乗り放題チケット(1日フリー乗車券)を使った1泊2日分のモデルコースを実際に辿ったコースで紹介します。

実際にバス乗り放題チケットを利用してみて

  • 主要な観光地を全て回れる
  • 15分に1回、周遊バスが必ず来る
  • 乗車のたびに支払いをしなくて良い

という点で便利さを感じる一方で、注意点もいくつか見つかりました。

金沢旅行でバス利用を検討している!

そんなあなたの金沢旅行がより充実したものになるように、実際の写真をたくさん使いながら2日分のモデルコースを早速お伝えしていきます。

金沢バス乗り放題のモデルコース(1泊2日)を紹介

金沢バス乗り放題モデルコース1日目モデルコース

  • 12:30ごろ 金沢駅到着
    〜金沢駅でバス乗り放題チケット(当日分・翌日分)を購入
  • バス乗車 金沢駅東口→武蔵ヶ辻・近江町市場
  • 13:00ごろ 近江町市場を散策+昼食
  • バス乗車 武蔵ヶ辻・近江町市場→香林坊
  • 15:00ごろ ホテルチェックイン(OMO5金沢片町by星野リゾート)
  • バス乗車 片町→広坂・21世紀美術館
  • 16:00ごろ 21世紀美術館で鑑賞
  • バス乗車 広坂・21世紀美術館→片町
  • 18:00ごろ 片町周辺で夕食
    〜ホテルでゆっくり

上の行程を一つずつ、写真をたくさん使いながら紹介していきます。

12:30ごろ 金沢駅到着→バスチケット購入

12:30ごろに金沢駅に到着して新幹線の改札を出て右手目の前の北鉄バスサービスセンター武蔵エムザ店のサービスカウンターで当日と翌日のバス乗り放題チケットを購入しました。

チケットは日付の記載があります⬇︎

金沢駅の東口には有名な「鼓門(つづみもん)」があります。

多くの人が写真を撮るフォトスポットです。

バス移動

周遊バスに乗って金沢駅東口駅➡︎前武蔵ヶ辻・近江町市場に移動します。

13:00ごろ 近江町市場を散策+昼食

近江町市場は海鮮が有名です。

市場はお店がばーっと並び、たくさんの人で賑わっていました。

新鮮な魚がたくさん⬇︎

お昼ご飯は海鮮丼を食べました。

あら汁は海鮮の旨味がたっぷり、海鮮丼もネタの種類が多く美味でした。

 

土曜日のお昼時に行ったので、どこのお店もほぼ満席だったよ

お昼ご飯を食べた後は

バス移動

周遊バスに乗って、武蔵ヶ辻・近江町市場➡︎香林坊に移動します。

15:00ごろ ホテルチェックイン

荷物を置くために、香林坊付近のホテル(OMO5金沢片町by星野リゾート)に早めのチェックインをしました。

アクセスが良く、内装やお部屋もとても綺麗でした。

ホテルに荷物を置いて少しゆっくりしたら

バス移動

周遊バスに乗って、片町➡︎広坂・21世紀美術館に移動します。

16:00ごろ 21世紀美術館で鑑賞

16:00ごろに21世紀美術館に到着し、特別展・コレクション展を一通り見て回りました。

屋外にも展示がいっぱい⬇︎

特別展⬇︎

コレクション展⬇︎

 

屋内も屋外も見どころいっぱいで2時間くらい見て回ったよ

21世紀美術館を鑑賞した後は

バス移動

周遊バスに乗って、広坂・21世紀美術館➡︎片町に移動します。

18:00ごろ 片町周辺で夕食

片町はグルメの街で飲食店がたくさんあります。

「赤玉」というお店で、お目当てだった金澤おでんを食べました。

梅貝と野菜きんちゃくが特に美味しかったです!

おでんを食べた後はホテルに戻ってゆっくり過ごしました。

金沢の人気ホテルをチェック(楽天トラベル)>>>

金沢バス乗り放題モデルコース2日目モデルコース

  • 9:00ごろ ホテルチェックアウト(荷物はホテルのロッカーに預ける)
  • バス乗車 片町→兼六園下・金沢城
  • 10:00ごろ 兼六園入場・カフェで休憩
    〜近くの物産展でお土産探し
  • 12:00ごろ お昼ご飯
    〜金沢城見学
  • バス乗車 兼六園下・金沢城→橋場町
  • 14:30ごろ 東茶屋街でお茶
  • バス乗車 橋場町→片町
  • 16:00ごろ ホテルで荷物を取り出す
  • バス乗車 片町→金沢駅東口
  • 16:30ごろ 金沢駅でお土産購入
    〜新幹線乗車

上の行程を一つずつ、写真をたくさん使いながら紹介していきます。

9:00ごろ ホテルチェックアウト(荷物はホテルのロッカーに預ける)

9:00ごろにホテルをチェックアウトしました。

今回宿泊した「OMO5金沢片町by星野リゾート」には、チェックアウト後も荷物を預けられるセルフロッカー(宿泊者は無料)があり、そこに荷物を預けました。

 

荷物を預けて身軽に出発できるので、とても便利!

バス移動

バスに乗って、片町➡︎兼六園下・金沢城に移動します。

10:00ごろ 兼六園入場・カフェで休憩

2日目は、まず兼六園に行きました。

兼六園は「日本三名園」の一つです。緑が多く手入れが行き届いており、とても美しく癒されました。

休憩で兼六園の庭園内にあるカフェに立ち寄りました。

加賀棒茶ラテと抹茶ラテ⬇︎
目の前でお茶を立てくれました。

兼六園を出た後はすぐ近くの「観光物産館」に立ち寄りお土産をみました。

12:00ごろお昼ご飯➡︎金沢城見学

12:00ごろにお昼ご飯を食べた後、兼六園のすぐ目の前の金沢城を見学しました。

金沢城

金沢城は工夫が凝らされた建築と広大な敷地が魅力です。

所要時間は1時間ほどでした。

金沢城を見学した後は

バス移動

周遊バスに乗って、兼六園下・金沢城➡︎橋場町に移動します。

14:30ごろ 東茶屋街でお茶

橋場町付近には、「主計町茶屋街」と「ひがし茶屋街」があります。

 

主計街茶屋街は日本料理など、お食事系が多かったよ!

今回は、おやつ程度の軽食で良かったので「ひがし茶屋街」に行きました。

昔ながらの街並みが素敵です⬇︎

金沢・ひがし茶屋街

茶屋街は浴衣/着物を着ている人がたくさんいました。

金沢で浴衣を着て街歩き!お得な浴衣散歩プランをチェック(楽天トラベル観光体験)>>>

金箔を使ったコスメやハンドクリームなどを取り扱っているお店もありました♪

おやつにアイスを食べました⬇︎

 

私は普通のアイスを注文したけど、金沢は金箔ソフトクリームが有名だよ!

ひがし茶屋街をゆっくり楽しんだ後は、新幹線の時間が近かったのでホテルに戻って荷物を取りに行きました。

バス移動

周遊バスに乗って、橋場町➡︎片町に移動します。

16:00ごろ ホテルで荷物をピックアップ➡︎金沢駅へ

16:00ごろにホテル(OMO5金沢片町by星野リゾート)のロッカーに預けていた荷物を取りに戻りました。

荷物を取った後は帰りの新幹線に乗るため

バス移動

周遊バスに乗って、香林坊➡︎金沢駅に移動します。

金沢駅でお土産を買って、17:00ごろに帰りの新幹線に乗りました。

 

周遊バスを目一杯使って、2日間余裕があるスケジュールで回りたい箇所は全部回れて大満足!

金沢の人気の観光スポットをチェック(じゃらん)>>>

次は、金沢バス乗り放題チケットはどこで買うことができるのかについてお伝えしていきます。

金沢バス乗り放題チケットはどこで買う?購入方法を紹介

金沢バス乗り放題のチケット(1日フリー乗車券)は、下記の複数の場所で買うことができます。

  • バス乗り場や駅の窓口で買う
  • インターネットでデジタルチケットを買う
  • 販売対象ホテルで買う

1つずつ詳しくお伝えしていきます。

バス乗り場や駅の窓口で買う

金沢駅や主要な観光スポット周辺のバスのりばで直接チケットを購入できます。

販売窓口は下記の通りです。

  • 北鉄駅前センター(金沢駅西口バスターミナル4番乗り場近く)
  • 北鉄グループ東口案内所(金沢駅東口バスターミナル7番のりば近く)
  • 北鉄バスサービスセンター武蔵エムザ店(エムザ1階 黒門小路)
    →改札出て目の前の駅ビル内
  • 石川線 野町駅
  • 石川線 新西金沢駅
  • 浅野川線 北鉄金沢駅

バスに乗る前に手続きを済ませておくことができるのでスムーズに乗車できます。

 

金沢駅に購入窓口が3つあるので、迷わずに買えるよ!

インターネットでデジタルチケットを買う

のりまっし金沢」というデジタル交通サービスを利用すると、ウェブ上でチケットを購入できます。

スマートフォンで簡単に購入手続きができるので、金沢駅到着後すぐにバスに乗車したい場合に便利です。

のりまっし金沢>>>

販売対象施設で買う

金沢のホテルや店舗、情報センターなどの施設でもバス乗り放題チケットを購入できます。

具体的な販売施設は公式HPで確認できます。

金沢市内1日フリー乗車券|北陸鉄道株式会社>>>

 

「金沢市内のバス乗り放題チケットがどこで買うことができるか」を紹介したよ。

利便性や予定に合わせて、窓口・対象施設・ネットいずれかで購入しよう。

金沢バス乗り放題チケットの料金は?何回乗ればお得?

金沢バス乗り放題チケット(1日フリー乗車券)の料金は下記です。

おとな(中学生以上)800円
こども(小学生)400円

金沢の路線バスは1回の乗車料金が大人200円なので、

1日に4回以上バスに乗車すると都度払いよりもお得

と言えそうです。

金沢バス乗り放題チケットは、どのバスに乗れる?

金沢バス乗り放題チケット(1日フリー乗車券)は

  • 金沢周遊バス(右回りルート)
  • 金沢周遊バス(左回りルート)
  • 北陸鉄道グループ路線バス
  • 西日本JRバス路線バス
  • 金沢ふらっとバス

に乗車することができます。

周遊バス以外にも路線バスも対象なので金沢市内のさまざまな場所にフリーパス1枚で移動できます。

周遊バスの路線図⬇︎

路線図を大きい画面で見たい人はこちら(公式HP)>>>

金沢バス乗り放題の注意点

実際に1泊2日の金沢旅行でバス乗り放題チケットを利用してみて気が付いた注意点を紹介します。

  • 周遊バスだと遠回りしている部分もある
  • 周遊バスは最終バスの時間が早い
  • 路線バスの種類が多くて難しい

周遊バスだと遠回りしている部分もある

金沢バス乗り放題チケット(1日フリー乗車券)では金沢周遊バスに乗ることができますが、周遊バスはぐるっと一周するので遠回りな部分もあります。

意外と徒歩で歩ける距離のことも多いので、バスの待ち時間が長いときは歩いて移動するのもありですよ。

周遊バスは最終バスの時間が早い

金沢1日乗り放題チケットは最終バスの時間が早いです。

具体的には、周遊バスは18:00台が最終バス(金沢駅終発は18:40〜18:50ごろ)です。

19:00以降にバスに乗りたい場合には、周遊バスではなく路線バスに乗車する必要がある

ので注意です。

路線バスの種類が多くて難しい

金沢市内は様々な種類の路線バスが走っているのでどれに乗ればいいのかが難しいです。

主要駅はほとんどの路線バスで通っていますが、誤った行き先のバスに乗り間違えないために

一番安全なのは周遊バスに乗ること

だと思います。

 

1つのバス停で行き先が違う10種類以上の路線バスがくるから本当に難しかった…

周遊バスは15分に1回来るから、不安な場合は周遊バスに乗るのがおすすめだよ!

金沢バス乗り放題のモデルコースを紹介(1泊2日レポ):まとめ

この記事では、金沢バス乗り放題チケット(1日フリー乗車券)を使った1泊2日分のモデルコースを紹介しました。

実際にバス乗り放題チケットを利用してみて

  • 主要な観光地を全て回れる
  • 15分に1回、周遊バスが必ず来る
  • 乗車のたびに支払いをしなくて良い

という点でとても便利に感じました。

金沢に旅行に行く際はぜひ活用してみてくださいね♪

OMO5金沢の宿泊レポ

ロケーションが良く、荷物をロッカーに預けられたり便利なサービスがいっぱい⬇︎
OMO5金沢は口コミ通りの良さ!部屋やアニメティなど詳しく紹介【OMO5金沢片町by星野リゾート宿泊レポ】

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

-お出かけ