※ブログ記事内のリンクに広告を含みます

フード

一人暮らしの人は自炊しない方が安いし節約になる?自炊せずに食費を抑える方法も紹介!

一人暮らしの人は自炊しない方が安いし節約になる?自炊せずに食費を抑える方法も紹介!

この記事では、「一人暮らしの人は自炊しない方が安いのか」についてお伝えします。

一人暮らしだけど、自炊すると料理が余って食費がもったいない...
自炊の方が安いって本当?

一人暮らしの平均食費って実際どれくらい?

いざ実際に自炊してみると、

  • 意外と外食やテイクアウトと同じくらいお金がかかる
  • 買い出しや調理に時間を要するためコスパが悪い
  • 自炊しない方が良いのではないか

と感じてしまうこともありますよね。

そこで、「一人暮らしで自炊しない方が安いのか」について検討してみました。

この記事でわかること

  • 自炊と自炊以外を比較すると、どちらが節約になるかは、時間的余裕やスキルによって異なる
  • 単身世帯食費平均額は39,069円
  • 自炊頻度が少ない人、調理経験が少ない人、食事準備の時間が勿体ないと感じる人などは、自炊しない方が安い(コスパが良い)可能性あり

自炊しない方が安い(=コスパが良い)場合もある具体的な理由や、食費を節約する方法について下記で詳しく紹介します。

コスパ◎手軽で美味しいヨシケイのミールキットは1食300円⬇︎

一人暮らしの人は自炊しない方が安い・コスパが良いと考えられる理由3選

結論、調理経験や自炊頻度によっては、

一人暮らしの人は自炊しない方が安く済み、節約になる場合もあります。

金銭的な節約以外の観点でも、一人暮らしで自炊することはかなり大変で労力と時間がかかります。

一人暮らしで自炊しない方がコスパが良いと考えられる理由としては、下記の3つがあげられます。

自炊しない方がコスパが良い理由

  • 調理器具・食器などの初期費用が不要(=金銭的に安く済む)
  • 光熱費がかからない
  • 食材ロスがない(食材を無駄にしないで済む)
  • 食事準備や片付けの手間が不要(=時間的、精神的に余裕ができる)

調理器具・食器などの初期費用が不要

一人暮らしで自炊しない方がコスパが良いと考えられる理由1つ目は、調理器具・食器などの初期費用が不要になるからです、

自炊をするためには、最低限の調理器具や食器が必要です。

これらの調理器具や食器の初期費用は、数千円から数万円程度と決して安くはありません。

そのため、自炊を頻繁にしない場合は、初期費用の負担が大きくなり、節約にならない可能性があります。

食材を無駄にしないで済む

一人暮らしで自炊をしない方がコスパが良いと考えられる理由2つ目は、一人暮らしの自炊でよくある食材ロスが生じないからです。
※食材ロス=使いきれなくて捨ててしまう食材

一人暮らしで自炊をしている場合、

  • 食材を買い過ぎてしまったり
  • 1人では食べきれない量を作ってしまったり

するように、適切な食材を適切な量で調理することが難しいです。

特に調理に慣れていない人だと、食材ロスが出てしまうことが多いです...。

最近、物価が上がり野菜や卵など様々な食材の価格が上がっています。

そのような中で、自炊で処理しきれず食材を余らせてしまうことは勿体無いですしコスパが悪いです~_~;

食事準備や片付けの手間が不要

一人暮らしで自炊をしない方がコスパが良いと考えられる理由3つ目は、食事準備や片付けの手間が不要だからです。

自炊をしなければ、

  • 献立を考える
  • 食材を買い出しに行く
  • 調理する
  • 片付けする

といった食事準備・片付けの工程が全て不要になるため、時間的にも精神的にも余裕が生まれます。

そのため、仕事や勉強などで忙しい一人暮らしの人にとっては、自炊をしない方が時間的効率が良いとも考えられます。

一人暮らしの食費平均はどのくらい?

ここまで自炊をしない方が安い・コスパが良い理由についてお伝えしましたが、次は、

  • 一人暮らしの食費の平均はどれくらいなのか

具体的な数値でお伝えします。

総務省が実施した、「家計調査 家計収支編 単身世帯」によると、

2022年・単身世帯の1ヶ月あたりの食費平均額は39,069円

です。同調査によると、年代別の単身者の1ヶ月あたりの食費平均額は下記の表の通りです。
※参考データ:家計調査(e-stat)

年代食費平均額/月
34歳以下34,385円
35〜59歳42.899円
60歳以上38,913円
65歳以上38,729円

さらに細かい年齢や年収によって食費には差がありますが、参考として上の数値と自分の食費を比べてみてくださいね。

個人的には、上の金額は結構高いなと思いました…(・・;)

ただ、自炊と自炊以外を比較すると、どちらが節約になるかは、個人の状況やスキルによって異なります

そのため、自身の時間的余裕や調理スキルを踏まえて、自炊と自炊以外のどちらが自分の生活に合っているかを検討する必要があります。

次は、一人暮らしで自炊をしても節約になりづらい人・自炊をすると節約になる人の特徴をそれぞれ紹介します。

一人暮らしで自炊しても節約にならない人の特徴3選

一人暮らしで自炊を取り入れても、節約になりづらい(コスパがよくない)人の特徴を紹介します。

食材へのこだわりが強い人

一人暮らしの自炊で節約するためには、安価な食材を使い、量を調整することが大切です。

しかし、食材へのこだわりが強いと、食費が高くなってしまいます。

具体的には、高級な肉や魚を頻繁に使う、有機野菜や無農薬野菜を買うなどです。

合わせて読みたい

一人暮らしでも、無添加の食材で体に優しく美味しい食事をしたい人は「シェフの無添つくりおき」がおすすめです。

シェフの無添つくりおき実食レビューはこちら>>>

味へのこだわりが強い人

味へのこだわりが強い人は、調理に時間がかかるため、自炊をしてもコスパが良くない可能性があります。

また、味へのこだわりが強い人や、食材だけでなく調味料などにもお金がかかるため節約になりづらいことが考えられます。

自炊の頻度が低い人

自炊の頻度が低いと食材ロスが生じやすくなり、逆に食費が高くなってしまう可能性があります。

自炊する機会が少ない一人暮らしの人は、いざ自炊する際に食材消費の見通しをつけるのが難しいため、

  • ついつい食材を書い過ぎてしまったり
  • 食べきれない量を作ってしまったり

食材が無駄になってしまうことが少なくありません。

一人暮らしで自炊すると節約になる人の特徴4選

次は、一人暮らしで自炊を取り入れると節約になる人の特徴を紹介します。

自炊の頻度が高い人

自炊を取り入れると節約になりやすい人の特徴1つ目は、自炊の頻度が高い人です。

その理由は、下記です。

  • 調理スキルが自然に上がるため、食材を上手く活用できる
  • もし料理を作り過ぎてしまっても、数日に分けて消費できる

会食などの頻度が少なく自炊の時間が取れる人は、自炊した方が節約になりやすい!

このように、調理スキルの向上が見込めて、食材ロスも起きづらいため、自炊の頻度が高い人は自炊を取り入れると節約になりやすいです。

節約料理の知識や調理スキルがある人

自炊で節約するためには、安価な食材で美味しい料理を作るスキルが必要です。

また、食材を適切に使い切るための計画性や見通しも大事になります。

節約料理の知識と、調理スキルがあるひとは自炊を取り入れると食費が安く抑えられて節約になります。

あとは、料理自体が苦痛じゃないことも大事!

食材や味にこだわり過ぎない人

食材や味にこだわり過ぎない人は、自炊を取り入れたほうが節約になり食費を安く抑えられます。

食材や味にこだわり過ぎない人は

  • 高級な食材じゃなくても満足できる
  • 調理の時間が長引かないため、時間のロスが少ない
  • 作り置きや冷凍保存を活用できる

などが理由で、自炊を取り入れると節約になりやすいです。

食べる量が多い人

食べる量が多い人は、自炊をしたほうが食費が安く抑えられ、節約になります。

その理由は下記の通りです。

  1. 外食やテイクアウトは、1食あたりの量が少ない

外食のメニューは、1食あたりの量が少ない傾向にあります。
そのため、たくさん食べる人は外食だと満腹にならず、結局追加でたくさん食べてしまい食費が高くなります。

  1. 自炊は、1食あたりの量を調整しやすい

一方で自炊の場合は、1食あたりの量を調整しやすいため、自分の食べたい量を満足に食べることができます。

食費を抑えていっぱい食べたいなら、自炊の方が安い!

合わせて読みたい

一人暮らしでも、美味しい惣菜を家で沢山食べたい人は、宅配冷蔵惣菜「つくりおき.jp」がおすすめです。

作り置き.jpを一人暮らしで活用することを詳しく検討した記事がこちら⬇︎
つくりおき.jpは一人暮らしでも活用できる?量やコスパについて詳しく紹介!(作り置きjp)

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法5つ

最後に、一人暮らしで自炊せずに食費を安く抑えて節約するアイデアを紹介します。

宅配食を活用する

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法1つ目は宅配食の活用です。

最近では、冷凍や冷蔵の形式で、様々な宅配惣菜が販売されています。

外食よりは確実に安いですし、こだわりに応じて好きなサービスを選ぶことができます。

おすすめの宅配食を下記で紹介します。

糖質、タンパク質、塩分量に配慮しつつ、家で安くオシャレな食事をしたい!

そんな人は冷凍宅配弁当「nosh(ナッシュ)」がおすすめです。
電子レンジでチンするだけなので調理の手間もありません。
nosh(ナッシュ)実食レビュー記事はこちら>>>

nosh初回を最安値で試す方法は、総額5,000円OFFクーポンが適用される「友達紹介キャンペーン」です。

nosh(ナッシュ)・友だち紹介キャンペーン

※無言OK:上のボタンからご自由にキャンペーンご利用ください。

※上の紹介キャンペーンで購入しても、個人情報は双方に一切通知されません

その他おすすめの宅配食サービス

  • ヨシケイのミールキット

食材が届けばレシピ通りに調理できそう。

という人はミールキットの活用がおすすめです!

ヨシケイのミールキットは1食300円〜⬇︎

ヨシケイミールキットのレビューはこちら>>>

安い外食店を把握してを活用する

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法2つ目は、安い外食店を把握して活用することです。

外食の頻度が多くても、1食あたりの出費を抑えれば、結果的に自炊よりも安く節約できる場合もあります。

例えば、チェーン店の中には、ワンコインで食事を済ませることができる店もまだありますよ♪

合わせて読みたい

安い外食チェーン店とコスパの良いメニューをまとめた記事はこちら⬇︎
ご飯を安く済ませる外食チェーン店12選(500円以下)!お得なお取り寄せも紹介【2023最新】

クーポンやアプリ、ポイントカードを活用する

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法3つ目は、スーパーや外食店のクーポンやアプリ、ポイントカードを活用することです。

食費を節約したい場合、スーパーなどで惣菜を買う時や外食の際も、できるだけ1会計の値段を抑えることが節約につながります。

  • クーポンやアプリを使えば、割引や特典を受けられますし
  • ポイントを使えば、現金や商品券などに交換できます。

普段よく行くスーパーや飲食店があれば、クーポンやアプリなどがあるか要チェックです!

決済時にも、PayPayや楽天Payなどのコード決済なら都度ポイント還元を受けられてお得!

冷凍食品やレトルト食品を活用する

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法4つ目は、冷凍食品やレトルト食品を活用することです。

冷凍食品やレトルト食品のメリットは大きく3つです。

  • 外食やコンビニ弁当よりも安いので、食費を節約することができる
  • 保存がきくため、買い物に行く回数を減らすことができる
  • 食べたいときにすぐに食べられるため、余らせてしまうことがない

Amazonや楽天などのネットショップだとレトルト食品のまとめ買いがお得です⬇︎

飲み物を家から持ち歩く

一人暮らしで自炊しないで食費を安く節約する方法5つ目は、飲み物を家から持ち歩くことです。

コンビニなどで飲み物を買うと100円以上しますし、カフェなどでコーヒーを頼めば500円ほどです。

そんな中、飲み物を家から持ち歩けば、普段の飲み物代を浮かすことができます。

私は水道水をブリタの浄水ポット⬇︎で濾過したものを持ち歩いています!

もしマイボトルが面倒くさい人は、Amazonや楽天でラベルレスのペットボトル飲料をまとめ買いするとかなり安くてオススメです。

一人暮らしは自炊しない方が安い?:まとめ

この記事では、一人暮らしは自炊しない方が安いかどうかについてお伝えしました。

記事の内容をまとめると下記の通りです。

  • 自炊と自炊以外を比較すると、どちらが節約になるかは、時間的余裕やスキルによって異なる
  • 単身世帯食費平均額は39,069円
  • 自炊頻度が少ない人、調理経験が少ない人、食事準備の時間が勿体ないと感じる人などは、自炊しない方が安い(コスパが良い)可能性あり
  • 自炊をしないで食費を安く節約するには、安い宅配食や外食を活用したり、飲み物を持ち歩くなどの細かい積み重ねが重要

忙しい中で自炊をするのは大変ですが、外食やテイクアウト、自炊のバランスを取ることで、食事を楽しみつつ食費を抑えることができると良いですね!

自炊と外食の良いとこどり!手軽で美味しいヨシケイのミールキットは1食300円⬇︎

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

-フード